アグリパーク南陽体験農園のブログ

アグリパーク南陽体験農園の様子などなど日々アップしていきます。

3月3日

お知らせ
体験農園参加者募集中です。詳しくはコチラ↓
3月毎週日曜日、体験農園新現地説明会を行います。
各回10時より約1時間程度。
事前申し込み不要です。現地にお越しください。
 
アグリパーク南陽体験農園のフェイスブックを作りました。
イイネしてください。
 
今日は花壇づくり。
イメージ 1
花壇の場所に土留め間伐材を埋め込む溝を掘ってます。
イメージ 2
皮をむいた間伐材に固定用の穴をあけるの図。
イメージ 3
間伐材を枠に並べていきます。
キーホールガーデンという鍵穴型の窪みをつけた花壇にします。
鍵穴型というか、半円形ですが、理屈は同じです。
イメージ 5
作業の概要を説明してから作業にとりかかってもらったのですが、
その間10時からは体験農園の説明会を並行して行っていました。
で、説明会が小一時間して終わった頃には花壇もほとんど完成していました。
さすが!!
イメージ 4
間伐材の高さを揃えるか、ランダムにするかということで女性陣と男性陣で意見が分かれてました。
女性はランダム、男性は揃えると・・・。
ランダムの方がオモシロイ、いやいや、そろってた方がビシッとすると・・・。
女性は感性、男性は理性か????
私は女性の味方。
みての通りランダムに決定。
 
ご協力いただける参加者の方が多かったので、構想段階だったミミズコンポストの製作にも着手。
コンポストの下段部分のスノコもテキパキ作業が進んでこの通り!
鉄筋棒を5cm間隔に枠に取り付けました。
イメージ 6
木枠を組みあげて、脚をつけるとこんな感じになりました。
イメージ 7
木枠の底がスノコになってるのが影でわかります。
さらに蝶番と蓋をつけたら、
ど~ん!!
イメージ 8
ミミズコンポスト(試作機)の完成です。
この中に野菜くずや落ち葉とミミズを入れる
ミミズが野菜くずなどを食べて分解
木枠の底の方に分解された堆肥がたまる
木枠のスノコ状の底面を熊手などでガリガリ引っ掻く
堆肥が落ちてくるのをプラ船で受けて畑に使う
という図式になる(はず)と信じたい・・・。
弱気。。。
信じたいとは、もはや理屈ではなく信仰です・・・。
試作機なのでお試しでやってみて、改良点があれば改良して2号機を作ります。
当然、これで畑全体を賄えるわけはないので、
別の場所(もみ殻をためていたゾーン)に堆肥用の枠も作っていきます。
 
その他、中央の通路にも排水溝&排水口も掘り、
お昼には畑でとったブロッコリーを使ったスパゲティの賄い(若干量)をみんなで食べました。
お手伝いいただいた皆様お疲れさま&ありがとうございました。
来週の日曜も引き続き作業しますので、ご協力よろしくお願いします。
ロックスパイラルガーデンに着工予定です。
賄いもあるよ。