アグリパーク南陽体験農園のブログ

アグリパーク南陽体験農園の様子などなど日々アップしていきます。

5月29日

ナスの脇芽とりについて。
基本の3本立ちの場合、
(1)一番花が付いている枝(主枝)と
(2)その花の下の脇芽
(すでに主枝と見間違うほど大きくなってるはず)と
(3)さらにもう一つ下の脇芽を残して、さらに下から出てくる脇芽を取ります。
残した脇芽を伸ばし、合計3本の枝にします。
(2本立ちの時は,上記の(3)を取る)

そこで間違えないで欲しいのは、
残した枝から出てくる脇芽はそのまま育てるということです。
(いろんな管理方法ありますますが、とりあえず今はそのまま育ててください。)
この脇芽に花が咲いて実がとれます。(残した枝そのものにも花が咲いて実がとれます。)

なぜこんなことを書いてるかと言うと、参加者さんに脇芽を全部取ったと言われたので、確認したら残した枝から出てくる脇芽も取ってしまってたので…。


ところで、残した3本(もしくは2本)の枝が風などで折れてしまった場合、折れた部分の直近の脇芽を伸ばして、折れた枝の代わりにしましょう。