アグリパーク南陽体験農園のブログ

アグリパーク南陽体験農園の様子などなど日々アップしていきます。

5月28日(月)

今日は、まず、かぼちゃの摘心から。
風避けのビニールをとると、つるが伸びてます。
イメージ 1
基本的には5~6節めでツルをカット。
節は葉っぱの付け根で数えます。
イメージ 2
ペンの先が1節目(1枚目の葉っぱ)。
節のカウントは、親ツルから出ている葉っぱで数えます。
単純に葉っぱの枚数だけで数えると、子ヅルの葉っぱまで
カウントして間違えてしまうので注意!
 
ペンで押さえている所のちょい下にツボミが二つ付いていますが、
コレが子ヅルその1。
ペンの右側にもツボミが付いていますが、コレが子ヅルその2。
 
親ツルを摘心(成長点・ツルの先っぽを切り取る)して、
子ヅルを2本伸ばして育てていきます。
子ヅルに2つづつ位かぼちゃを育てます。
子ヅルを3本伸ばして、そのうち1本にはあえて実をつけずに育てる方法もあります。
実をつけないツルは株を育てるように、光合成させるための葉っぱを育てます。
 
株によっては親ツルに雌花が付いている所もあります。
親ツルに雌花が付いている株は、雌花の所でツルをカット。
ちなみに写真左側がツルの先端方向になります。
イメージ 3
雌花は花の下に玉が付いてます。
親ツルに付いた実は形が変形したり、育ちにくいので、
コレもブチっと、とります。
イメージ 4
なんかせっかくの雌花がもったいない気もしますが、
実際まだ受粉させるべき雄花がどこにも咲いてないです。
*切り取ったツルはそのまま畝に置いてありますので、
みなさん確認してください。
 
その他、畝の方にケイフンをまき、
イメージ 5
畝の形を整え直しました。
 
なんだかんだとやってるうちに4時。
ちょうど夕立があったので、作業終了。
明日はダメになったナスを植えかえる予定です。
 
お手伝いしてくださったみなさんありがとうございました。