アグリパーク南陽体験農園のブログ

アグリパーク南陽体験農園の様子などなど日々アップしていきます。

ここ2,3日の出来事

12月13日(月)は韓国の金提市農業技術センターの方々が視察にやってきました。
アグリパーク南陽もついに国際化?!
金提市はソウルから南に3時間くらい車で行ったところにあるそうです。遠路はるばるお疲れ様です。
イメージ 6
あいにくの雨でしたが、熱心に質問をうけました。
私の流暢な韓国語で説明!
と言いたいところですが、あいさつ程度の韓国語しか知らないので、通訳さんだのみ。
イメージ 7
トマト工場の中も視察し、
イメージ 8
トマトを試食。「美味しくて、グッド!!」だとのこと。
イメージ 9
お土産の韓国のりをいただきました。ありがとうございます。
 
そして、14日(火)は、体験農園参加者のTさんと休憩所に置くテーブル用の木材を調達しに
隣の飛島村にある貿易商社に行ってきました。
 
さらに本日15日(水)は、その材料でテーブルをつくるべく、同じく参加者のUさんの工房にお邪魔してきました。
なんせ、畑には電源がないので・・・
 
Uさんは多趣味な方で、工房は面白いものがいっぱい!!
各種工具類のほかにも・・・
イメージ 10
工房内に往年の名車「ダットサン フェアレディ」と「セリカ」が!!
フェアレディは私が生まれる前の車。セリカも私のかつての愛車「いすゞ ピアッツァ ネロ」といい勝負の年式。
 
ああ、いかんいかん。テーブルを作りに来たんだった・・・
 
イメージ 11
運び込んだ材料を前に、しばし作戦会議。
イメージ 12
作戦がまとまったところで作業開始。
天板の端が波打ってるのでまっすぐにカットしなおします。
イメージ 13
カットした天板の面取り作業。
作業してるのはこれまた農園参加者のMさん。Mさんも木工が趣味だとのこと。
う~ん、みなさん頼もしい!!
私は写真撮ってるだけ・・・
イメージ 1
さらにカンナがけ。
イメージ 2
天板ができたら今度は、脚部を作ります。
脚は板材をL字型に組み合わせて作ります。
写真は、脚の接合面を決めて、ねじ止め用の下穴をあけてるところ。
(端部は無理やりねじをもむと割れるので)
ちなみに、脚部は30mm厚の無垢材です。
イメージ 3
同じ要領で脚を4本作ったら、脚と脚をつなぐ部分を取り付けます。
このつなげてる部分も無垢材を使用。
全部の脚をつなげて、誤差を修正したら・・・・
イメージ 4
天板を乗っけて固定して、完成!!
完成したテーブルを前に記念撮影!!
ずいぶんしっかりした立派なテーブルができました。
(左から材料調達にご協力くださったTさん、工房と道具をお借りしたUさん、作業を手伝ってくださったMさん、
農園運営側のSさん)
ご協力ありがとうございます!!感謝感謝!!
これと同じものを今後4個製作します。
 
そして、先日つくったベンチもパワーアップ。
安全面の配慮から、角の面取り、座面のやすりがけをして・・・
イメージ 5
クリアの防腐材を塗りました。
やはり直接雨ざらしにならないとはいえ、屋外に設置するのでしっかり対策しました。
作業お疲れさまでした。
 
まだ全てのテーブルが出来上がってませんが、順次製作していきます!!
 
しかし、作ってみたら新たな問題が・・・
いい感じのテーブルとベンチになったので、盗まれないか心配です・・・