アグリパーク南陽体験農園のブログ

アグリパーク南陽体験農園の様子などなど日々アップしていきます。

6月5日

今日は小雨の降る中、講習決行しました。
サツマイモの苗が届いているので、何がなんでも植え付けてしまいたかったのです。
苗と言っても茎に葉っぱがついただけのもの。次回講習まで水につけていたら腐ってしまいます。
さらに、小雨程度なら水やりの手間も省けるし、活着もよいのです。(イモ植えの写真撮り忘れました…。)

イメージ 1

イメージ 2

小雨の中作業するみなさん。
ズッキーニの一番なりが収穫できました。

イメージ 3

いいサイズです。

イメージ 4

一番なりはほどほどで早め収穫してしまいます。
株をしっかり育ていけばこれからいっぱい収穫できます。いつまでも一番なりをつけておくと、養分が実にいってしまい、株がしっかり育ちません。


カボチャの授粉もしました。

イメージ 5

雄花をちぎって、花びらを剥きます。

イメージ 6

花びらを剥いて雄しべが露出した状態。
これを雌花に突っ込んで、雌しべに花粉をつけます。

イメージ 7

雄花も雌花も咲いたタイミングで行います。
花がしぼむと、雄花の花粉はカピカピになり、雌しべはカッサカサになります。
なので、しぼんだ花やまだ咲いてない花をこじ開けて授粉さすのはよろしくないです。
深くは書きませんが、男女の営みに関することどもに似てる…。

それはさておき、授粉させる時に乱暴に扱うと雌花が取れてしまいますので、ご注意を。
そうなってしまうと名古屋弁でいうところの「ワヤ」です。

イメージ 8

授粉させたら、直近の葉っぱに授粉させた日付をマジックで書いておきます。
これで収穫時期が把握しやすいです。
だいたい交配して45~50日ぐらいが収穫の目安。ヘタの部分がひび割れてコルクの様になったらOKです。

授粉を手伝ってくれる仲間がいました。

イメージ 9

ミツバチ

イメージ 10

花にとまって

イメージ 11

中に入っていきます。

授粉は平日わりとチェックしておりますが、十全ではないですのであしからず。


余談
今日はリンダ・ロンシュタットの「what's new」と「Rush life」LPで。

イメージ 12

何回聴いても惚れ惚れする歌声。