アグリパーク南陽体験農園のブログ

アグリパーク南陽体験農園の様子などなど日々アップしていきます。

2月11日

令和2年度参加者さん募集中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://aguriparktaikennouen.hatenablog.jp/entry/2020/02/06/184408



区画の最終撤去日。

朝の時点でほとんど撤去が済んでいました。

その後も午前中に撤去に参加者さんがみえて、午前中でほぼ100%の撤去完了。ご協力ありがとうございます。

f:id:aguriparktaikennouen:20200211161422j:plain

空いてる区画から順次トラクターをかけていって気づいたことを。

栽培中の草取りや堆肥をしっかりやっている区画は、

f:id:aguriparktaikennouen:20200211161400j:plain

こんな風に土が団粒構造になっていて、フワッとしています。

一方堆肥などの有機物が足りないところは、

f:id:aguriparktaikennouen:20200211161332j:plain

粘土質が残っていて土の塊が大きいです。

目の細かい土が隙間なくギュッとくっついている状態。

団粒構造になっている土は、粒状の土が適度な塊になっていて隙間が空いている状態。

団粒構造になっていると水はけや空気の流通があり根張りがよくなります。

ラクターに乗ってると、硬い土では負荷が大きくなるのでエンジンの回転数が落ちますから、よくわかります。

また堆肥搬入しますので、自分の区画の状況に応じて堆肥まいてください。(とりあえず平にお越しますので、各自の区画の状況を確認してください。)

すでに十分以上に堆肥が入っている区画も見受けられるので、そういう区画は当分は不要です。

入れりゃいいってもんじゃありませぬ。物には限度、風呂には温度ってヤツです。


ハス口(はすぐち)やバケツ、ジョウロなど増強しました。

f:id:aguriparktaikennouen:20200211161014j:plain


f:id:aguriparktaikennouen:20200211160939j:plain


f:id:aguriparktaikennouen:20200211160914j:plain

車に乗るギリギリの量で後方視界ゼロでした…。