アグリパーク南陽体験農園のブログ

アグリパーク南陽体験農園の様子などなど日々アップしていきます。

9月13日

お知らせ

9月20日に臨時講習します。
13日の作業ができていれば特に問題ありませんが、貯蔵用玉ねぎのたねまきがあるのでお手伝いいただけると非常に助かります。
よろしくお願いします。

本題
9月にはいってずっと雨続きでしたが、ようやく晴れました。
たまった作業をこなさなくてはいけないので、結構大変です。

イメージ 1

畝を整えることから始めます。

イメージ 2

植え付けの説明の後、植え付ける畝を確認中。

イメージ 3

シビアに種を小分けにしたので、所定の位置にシビアに種をまいていきます。
途中でにわか雨

イメージ 4

みんなで雨宿り

イメージ 5

雨が上がったら共同作業。
まずはジャガイモのマルチ栽培。

イメージ 6

ジャガイモを30cm間隔に配置。

イメージ 7

ごく浅く植えます。植えた場所がわかる様に目印の棒を立ててます。

イメージ 8

それからマルチを張ります。

イメージ 9

イメージ 10

芽がでたらマルチに穴をあけて芽を出してあげます。

お次は早生の玉ねぎのたねまき。

イメージ 11

イメージ 12

畝の上に角材を転がすと、ちょうど種をまくのにピッタリな溝が等間隔にできます。
その溝に種を筋まきします。

イメージ 13

まき終わったら乾燥防止の寒冷紗をベタがけ。

イメージ 14

これから毎日水やりして芽が出始めたら寒冷紗を外します。
寒冷紗の網目から芽が飛び出ると、寒冷紗を外す時に苗が抜けてしまうので、タイミングを見計らいます。
角材を転がして溝をつけると均一な溝ができるので、発芽が揃います。