アグリパーク南陽体験農園のブログ

アグリパーク南陽体験農園の様子などなど日々アップしていきます。

R4年6月8日

参加者のIさんが撮影してくださった休憩所作りの様子。波板貼る下地を取り付けの途中です。

とはいえ、実は他の参加者Fさんと米ぬかボカシについてお話ししてるところ…。

休憩所作りの最中農園にみえた参加者さんたちに、いただいたコメントは…


「一人で作ってるの⁈大変だね」

(そうです一人です。でもわりかし楽しいです。)


「気をつけて作業してね」

(お気遣いありがとうございます。Tさんに安全帯頂きました。)


「何でもできるね」

(何でもはできません)


「いい感じにできてきたね」

(作ってる方も完成が楽しみ)


「もはや鳶職だわ」

(自分でもそう思います)


というのが大半です。


なんでこういうことができるかと言うと、高校生の頃から建築現場(外壁工)でバイトしてたからなのです。

かれこれ28年前の話ですが、同級生のお父さんが外壁工の親方をしていて、「日当1万でどや」というのに釣られて始めたのがきっかけです。

(当時高校生のバイトだと確か時給750円くらいだったと思うのでとても魅力的でした。夏休みにお盆までに20万円以上稼げたので。)

人生なにがどこで役立つかわからないものです。


工事の工程は今後、

・屋根を葺く

・骨組みの補強を足す

・雨樋をつける

・雨樋の水を受けるタンクの設置

・風避けの塀を作る

というのがとりあえず休憩所回りです。


さらにその後

・物置小屋の設置

・水回りの整備

・バイオジオフィルター作り

・竈門作り

・花壇作り

などなどとまだまだ続きます。

その都度ご協力いただきたいことが出てきますので、またその時にお知らせします。


休憩所の整備が落ち着いたら、軽トラの全塗装もしたいと思ってます。

上の写真の軽トラ(義父にもらった軽トラ)を世田谷ベースカラーかなんかにセルフペイントしたいなと。

ちなみに軽トラは「農村のポルシェ」と言われるスバル・サンバーです。

そういえば先日来客があって本物のポルシェに乗ってみえたので

前後に並べて写真撮影。

横に乗せてもらったんですがV8、4.8Lのパナメーラはものすごい加速でした…。